福祉用具貸与 ‐ 福祉用具をレンタルしたい

ご利用者のお身体の状態やご家族の介護負担の軽減を図る為必要な福祉用具をレンタルするサービスです。介護保険では下記の13項目がレンタルの対象となります。

※1 軽度者(要支援1・2または要介護1)の方は一定の例外を除き⑤~⑫をレンタルすることはできません。
※2 ケア・スポットでは軽度者の方(介護保険外)のベッド、車いすのレンタルもございます。
※3 症状、状態等により例外給付可能なケースもございます。まずはご相談ください。

Image module
①手すり
対象者:要支援1~2、要介護1~5の方
工事を伴わない設置型の手すり。突っ張り棒のように天井と床で固定したり、置くタイプのものをベットサイド、トイレ、玄関などに設置します。
Image module
②スロープ
対象者:要支援1~2、要介護1~5の方
工事を伴わない設置型のスロープ。段差解消を目的とし、車椅子やつえ歩行で移動しやすい環境をつくります。
Image module
③歩行器
対象者:要支援1~2、要介護1~5の方
体重を支えながら歩行を補助する目的で、車輪のない4点タイプのものから車輪付きのシルバーカータイプのものまで、目的に応じ使用します。
Image module
④歩行補助つえ
対象者:要支援1~2、要介護1~5の方
一般的な杖に近いもの、4点で支えるタイプのもの、腕を固定して使用するクラッチ杖などがあります。
Image module
⑤車いす
対象者:要介護2~5の方
手動型・電動型のもの、リクライニングタイプのものなどさまざまなタイプがあります。ケア・スポットでは軽度者の方(介護保険外)の車いすのレンタルもございます。
Image module
⑥車いす付属品
対象者:要介護2~5
車いすに補助的に使用される器具で、クッションやヘッドレスト、電動補助装置などがあります。
Image module
⑦特殊寝台
対象者:要介護2~5の方
いわゆる介護ベッドで、傾斜やベッドの高さを調整できるものがあります。ケア・スポットでは軽度者の方(介護保険外)のベッドのレンタルもございます。
Image module
⑧特殊寝台付属品
対象者:要介護2~5の方
特殊寝台と一体的に使われる、マットやサイドレール、テーブルなどがあります。褥瘡リスクによってさまざまなマットレスのタイプがあります。
Image module
⑨床ずれ防止用具
対象者:要介護2~5の方
床ずれ(褥瘡)を予防・軽減する目的で使用され、空気圧で硬さを調整したり体圧を分散できる効果をもつマットレスがあります。
Image module
⑩体位変換機
対象者:要介護2~5の方
ご本人や介護者が体位変換をしやすくすることを目的とし、クッションやスライドシート、電動の起き上がり器具などがあります。
Image module
⑪認知症老人徘徊感知器
対象者:要介護2~5の方
認知症高齢者がベッから離れた際に周囲に知らせるための機器です。赤外線やマットに組み込まれたセンサーで感知しお知らせします。
Image module
⑫移動用リフト
対象者:要介護2~5の方
歩行が困難な方の移動補助のため身体を吊り上げたり、座位からの起き上がりをアシストするリフトタイプの椅子などがあります。
Image module
⑬自動排泄処理装置
対象者:排便機能を有するものは要介護2~5の方
自動的に排泄物(尿・便)の吸引を行う機器です。排便機能がないものは要支援1~2・要介護1の方もご利用可能です。